高いところは尊い?

人間は古来から高いところに憧れを持っていたのか、畏敬の念でのことなのか、塔はより高く作って来たし、更に尖塔を鋭く天を刺し通すごとくに作りました。
五重塔は先端が高く鋭くしてありますが、これは水の輪を象っていて火災除けのおまじないのようです。
ヨーロッパでは山の上に城を造ったり、鷹巣村のように集落を作ったりします。
登り降りや水の確保に大変だと思うのですが、これも防衛の必要性もあるのでしょうが、依り天に近づこうとしたからではないでしょうか?
日本で「馬鹿と煙は高いところに登る」なんて言われているのとは対照的ですね?
b0091767_17573149.jpg
b0091767_17573958.jpg
b0091767_17574825.jpg
b0091767_17575760.jpg
b0091767_1758898.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-12-20 01:13 |
<< 脇道から本道へ 慌て者の行く道 >>