ゴッホ美術館

ゴッホ美術館は国立美術館とは広場を挟んで南西側にあります。
入場券売り場はゴッホ美術館は左側にあり、右側は近代美術館用になっています。私が行ったときはゴッホに並んでいる人より、近代美術館に並んでいる人の方が倍以上居ました。
ゴッホの列には日本人の顔が多かったです。
日本人のゴッホ人気とオードリー人気は突出して要るように感じます。
(*私はオードリーのお墓に三回も詣でている人だから自信を持って断言出来ます。(#^^#))
ゴッホ美術館はフラッシュ無しでも撮影禁止でした。私は知らずに何枚か写した後で注意されてしまいました。監視員が巡回していて警備は厳しいものでした。


b0091767_1612324.jpg

ゴッホ美術館は開館30分前から行列が出来ていた。
道路に溢れているのは近代美術館の入館者、ゴッホの方は左前方、人の並びがきれているのが行列の終点。


b0091767_1614448.jpg

自画像は何枚も展示してありました。何れも厳しい表情のもので、ゴッホの内面の苦悩が如実に描き出されていて、見ていると胸が苦しくなってきました。





b0091767_1615883.jpg


ゴッホの写っている写真は3枚だけ現存しているそうだが、これがその中の一枚です。後ろ向きに黒いシャドーだけのがゴッホだそうです。



b0091767_1621016.jpg


日本だったら、ゴッホ展なんて言うと、雑踏の中での鑑賞ですが、本場ではご覧の通り、閑散としているという感じです。
絵を見るには雑踏の中で見るよりは、閑散とした静寂の中で見たいものです。
ですから私は日本で開催される○○展と言ったイベントには行かないことにしています。
法外とも言う高額な入場料を取られて、監視員に「立ち止まらないで下さい!」なんて言われながら名画の鑑賞でもないですからね。



b0091767_1622559.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-06-28 16:05 |
<< 北オランダのんびりドライブ ミシュランの世界地図 >>