オペラ座近くの刃物屋さん

b0091767_985287.jpg
オペラ座の近くに以前ソムリエナイフを買った刃物屋さんがある。
二回目にパリを訪れた時に、かなり高級なソムリエナイフを自分用の土産に購入した。
懐かしくて一寸店に入ったら、可愛い娘さんが店番をしていた。
木でカバーされた携帯用のワインオープナーを買いながら、娘さんに、「以前来た時に上品なお年寄りの婦人に応対された」と話したら、「それは私のお祖母ちゃんです。」と、娘さんが言う。
お元気?と聞いたら元気だという。
店を出てから、これは良いブログのネタになると思いつき、とって返したら、店番は娘さんの父親に替わっていた。
父親では絵にならない。仕方ないからショウケースのナイフにご登場願った。
チャンスの女神には後ろ髪がないというのは真実です。o(><)o

*ソムリエナイフ:レストランでソムリエが使うワインの栓を抜く特別のナイフ。
 柄に象眼細工が施してあったりする工芸品。ライヨールとかが産地で有名です。
by yuuyuutakemura | 2006-08-25 09:09 |
<< 暑中お見舞い申し上げます。 布袋葵 >>