ホオズキ  水彩・ハガキ

ホオズキは入谷のほおずき市で買うと2500円とかして、かなりのお値段ですが、下にガラスの風鈴が付いているし、季節の風物詩と、鬼子母神の御利益付きのお値段だと思えば、そう高いものでもないのかも知れません。
これはそんな由緒正しきホオズキではなくて、ホームセンターでお盆のお飾り用として売っていたものですから、一本200円位のものです。
画材としてですから、情緒も御利益も風鈴も付いていないお値段です。
静物を描く場合、対象になるものは奇数が良いみたいです。
偶数だと画面が安定しすぎて動きが出しにくいからだと思います。
アンバランスの中の安定という矛盾する要素が絵に面白味を出すのでしょうか?
なにを言って居るんだ、この絵には動きも面白味も無いじゃないか!と言われてしまうと、恐れ入って引き下がるしかないのですが、、、、
b0091767_0311381.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-09-09 00:31 | 絵画
<< ホオズキ Ⅱ   水彩・ハガキ ホタルブクロ   水彩・ハガキ >>