武相荘 ① 建物


武相荘(ぶあいそう)は、町田市鶴川にある、白州次郎・正子夫妻の旧宅です。

沿革

b0091767_13442498.jpg



武相荘入り口、右側に入場券売り場があり、隣は売店になっています。
売店には白州夫妻に関する本、所蔵品のレプリカの土産品とかがあります。


b0091767_13443858.jpg


長屋門をくぐると邸内に導かれます。
戦争の気配を察した白州さんが農家を買って疎開したのだそうですが、この門構えの農家ですから母屋の他に納屋とか多くの建物があります。
門の右に臼を利用した新聞受けが置いてありました。


b0091767_13445097.jpg




休憩所になっている建物には中央に囲炉裏、壁には次郎氏の愛車の写真が掛かっていました。
右奥が工作室だった建物で、その奥が母屋です。

b0091767_13451337.jpg


工作室だった建物は現在はレストランになっています。
予約すると昼食弁当が食べられます。
コーヒー・ケーキは予約は要りません。
奥の建物が母屋です。
アルコール類は置いていません。


b0091767_13452627.jpg


母屋は展示室になっています。
茅葺き屋根はかなり傷んでいて、雑草が生えたりしています。
早急に屋根の葺き替えが必要な感じです。

b0091767_13453525.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-09-26 13:50 |
<< 武相荘  ②  装飾品など 下書きと完成画 >>