岩手山の溶岩流    水彩・葉書

東北には温泉が多いと言うことは、火山地帯なのだろうと思います。
岩手山にも溶岩流の跡が有りますから、過去に噴火したことがあるんだろうと思います。
溶岩流は伊豆大島とか三宅島でも見掛けましたが、真っ黒い岩の塊になっている部分と、ザラザラした粒の粗い砂状の部分とがあります。
硬い岩の塊がどうやって砂になるのか?
風化したり、擦れ合って細かくなるとは思えないから、不思議な現象です。
この砂の上を裸足で歩くと水虫が治るというのですが、理由を聞くと砂が皮膚を削って水虫の部分がなくなって仕舞うから、と言うブラックジョークでした。
b0091767_0165848.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-11-27 00:18 | 絵画
<< 三陸海岸①   水彩・F0 朝霧の岩手山   水彩・葉書 >>