一等車の車内

b0091767_0371510.jpg
車内は綺麗で椅子も良いし広いのでくつろげます。
でも、ガラスは傷だらけだし、製造以来洗った事がないのかと思うほど窓の外側は汚れています。
ガラスの傷はダイヤモンドカッターなどでの悪戯書きです。
参ったのはホームの高さと列車の高さの差です。
優に1mくらいはあります。
狭くて踏みしろの少ない階段を3段上らないと乗り込めないのです。
重いスーツケースを持ち上げてよじ登るのは一苦労でした。
空港とテルミニ駅との間の専用列車なのに、この設計はどうした事なんでしょう?
ポーターを雇おうにもそんな人は見あたらなかったし、、、
健常者でも苦労するんだから、バリアフリーなんてものにはまるで配慮して居ません。
この先の旅が思いやられます。前途多難の予感がしました。
by yuuyuutakemura | 2006-12-31 00:37 |
<< シャンパン イタリア・ウロウロ旅 1 >>