青空のローマ

b0091767_2141086.jpg
ローマにお別れする日は、天の神様が晴れ男の面目を立ててくれたのか抜けるような青空です。
これが小雨そぼ降る天気ならば、「ローマが私の帰国を悲しんで、涙雨が降りだした・・・」なんて文章になるでしょうね?
自分の都合の良いように、お天気まで自分中心に考えるんだから、私もかなりの「極楽とんぼ」です。
でも、何でも悪い方に考えて、自分がまるで悲劇のヒロインみたいに考えるのよりは健全な精神の持ち主なんだと自負しています。これも極楽とんぼの為せる技ですが。
JALが夜の便だからそれまで未だローマとのお別れの日をもう少し楽しめます。
もう少し「イタリアの旅日記」にお付き合い下さい。
by yuuyuutakemura | 2007-04-04 00:01 |
<< 新しい都市空間 ゴシック建築の権化 >>