ゴールデン街にて

b0091767_212583.jpg
夕飯を我が家で、という予定だったが、昼のトンカツが腹にもたれていて、夕飯はいらない、と言うことになった。
私の知っている外人さんではこんな胃袋に小さい人は珍しい。
私が海外で友人の家に招かれると、多すぎる食事の量に辟易するのが常だからだ。
近頃は私の胃袋のキャパシティーを理解してくれるようになってきたから、自分たちの適量の半分か三分の一の量を私には取り分けてくれるので気楽に食事のお誘いに応じることが出来る。
カロリーン達は新宿の歌舞伎町を案内して欲しいという。
飯田橋まで送るついでだから、案内を引き受けた。
事前に歌舞伎町の怖さをたっぷり学習してきらしく、何回も「危なくないのか?」
「大丈夫か?」と質問してくる。
カロリーンはご自慢のニコンのデジカメをバッグにしまい込んで手ぶらで歌舞伎町に降り立つ用心深さだった。
歌舞伎町散策の後、ゴールデン街にも行きたいという。
ゴールデン街では何組もの外人さんの客に行き会った。
ゴールデン街も外人さん向けのガイドブックに載っているらしい。
by yuuyuutakemura | 2007-04-26 00:00 | 交友
<< ピザとワインで、、、 アトリエにて >>