晩冬の浅間山    水彩・はがき

b0091767_43145.jpg
またまた季節外れの風景になりますが、晩冬の浅間山です。
浅間山は群馬県と長野県に跨って聳える活火山で今でも噴煙が見られ、大人しい火山という印象がありますが、前橋市辺りにまで浅間山の噴出物が堆積しているほどの力を持っている火山です。
「あさま」は火山を示す古い言葉で、富士山に祀られている神社が浅間神社と呼ばれるのも「あさま」に由来しているし、阿蘇山の「あそ」も同系のことばなのだそうです。
by yuuyuutakemura | 2007-07-15 04:31 | 絵画
<< グミ  三題    水彩・はがき 豪徳寺   水彩・F2 >>