ハイビスカス   水彩・はがき

b0091767_22195599.jpg
ハイビスカスは沖縄でいろんな種類のを見て、その華やかな彩りに驚いた記憶があります。
沖縄がアメリカに占領されていた事から、アメリカ人がハワイから持ち込んだのが、多彩なハイビスカスがある理由だったようです。
沖縄では「仏桑花(ブッソウゲ)」とも呼ばれていますが、これはハイビスカスが墓地に多く咲いていたから、と言うのが名前の由来らしいです。
祖先を厚く敬う沖縄の人の優しい気持ちが、新来の美しい花を墓地に捧げたのが、墓地にハイビスカスが多い原因かも知れません。
沖縄の墓地は「亀甲墓」と呼ばれ、一族みんながその墓に埋葬される、亀の甲羅の形をしたお墓ですが、本当は亀の形ではなく、女性のお腹を模した形であるようです。
納骨する入口に当たる部分は、人が生まれでるときに通った場所と同じ所となっていて、死んで元の道を逆に辿って、墓に収まるのだそうです。
by yuuyuutakemura | 2007-08-13 00:00 | 絵画
<< アリストロメリア    水彩・はがき ニガウリの花    水彩・はがき >>