石竹    水彩・はがき

b0091767_035159.jpg
ケキチクは撫子の仲間です。
日本に昔からある花でヒゲ撫子の近縁だろうと思います。
着物の柄に使われているのを見たことがありますから、かなり前から日本人に愛されてきた花なのでしょう。
同じなでしこ科の植物でも、カーネーションはヨコ飯の雰囲気だし、セキチクはタテ飯の感じがするのは片仮名で表記するか平仮名で書くかの違いだけではないですね。
日本女性を大和撫子というように、ナデシコは美しいものの代名詞になっているほど、日本人の生活に密着した存在だったのでしょう。
私の描いたセキチクの絵が、日本女性のように美しく描けていたら嬉しいのですが・・・
by yuuyuutakemura | 2007-09-09 00:35 | 絵画
<< フウセンカズラ   水彩・はがき オクラ   水彩・はがき >>