永世中立国・スイス    CH

b0091767_0372417.jpg

平和でこそコーヒーも楽しめる・・・

スイスの国土は(41,285平方キロ)は四国と九州(約54,000平方キロ)を合わせたより小さいくらいの小さな国ですが、世界で只一国、永世中立国として孤高を守っています。
我が国のように戦争を放棄し軍隊は持たないと言うのではなく、かなり高度な戦闘能力を備えた軍隊があります。海のない国ですから航空母艦やイージス艦などはないでしょうが優秀な空軍と国民皆兵制度で40万人の動員力を保持しています。
アーミー95の決まりでは、スイス国民は20歳前後の時期に15週間の訓練を受けねばならず、その後42歳までの間に3週間の再訓練を10回行う必要がありました。
最近はこの義務がもっと緩やかになっているようです。
エモッソンからの帰り道、ダニエルさんが「私はこの辺りに訓練できたことがあるよ。」というので、未だ銃は家に置いてあるのかと聞いたら、「いや、40歳の時に返納したよ。」と言うことでした。
予備役の期間中はスイス国民の義務として、国から招集された場合は48時間以内に出役しなければならず、その時は国から貸与されている自動小銃を持って参集するのです。
ダニエルさんは40歳で銃を返納したと言うことですから、アーミー95以降にもっと制度が緩和されたのでしょう。
現代のボタン戦争の時代に、押っ取り刀(押っ取りライフル?)で集まった兵隊さんの出番はないでしょうから、国民皆兵制度も形を変えて、国民の国防意識の高揚・保持と言う目的が主体になっているようです。
それにしても、バチカンを守っていたスイス兵は徴兵されて派遣されたのか?、昔からの踏襲で傭兵なのか?今になって気になってきました。
b0091767_0373677.jpg

孤高を守るスイスみたいな立木

b0091767_0382548.jpg

この辺りでダニエルさんは訓練した。
by yuuyuutakemura | 2007-11-10 00:42 |
<< チーズフォンデュ    CH 2度目のコーヒーブレイク   ... >>