シオタへの戻り道    F

ピアニスト達とは駐車場でお別れした。ふくよかな歌手さんがお別れにハグしてくれた。あらためて彼女の体格の立派さを実感することが出来た。今度は是非私の家にも来るようにとのうれしいお言葉付きだった。
帰り道、以前立ち寄ったワイナリーの前を通ったが、今回は帰りの飛行機の手荷物重量が厳しいから土産のワインは買わなかった。
サージさんの運転は安心して乗っていられる。彼は以前F1のレーサーをしていたから運転技術は抜群だし、公安関係の仕事だから運転の模範を示すがごとくのおとなしいドライブだ。
ホテルまで送って貰い、「また近いうちに会いたいね!」とお互いに再会を約束した。
ローランドも彼女が知っている三つの日本語の内、「さよなら・ありがとう」を連発してくれた。残りの一つは「乾杯」だが、これは昼食の時に何回もいったから、今回はなしだった。


b0091767_151225.jpg


b0091767_15269.jpg


b0091767_144651.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-02-17 01:07 |
<< ホテル・ロゼ・ティの露天風呂 ... 待っている間にダンス       F >>