幸手宿 ② 飾り窓のある店

b0091767_2345226.jpg
店の両側に飾り窓があります。今で言うショーウインドです。
この建物の建設当時からあったとすればショーウインドと言うよりは飾り窓という方が良いのかと思い、この表題にしました。
飾り窓というとオランダ・アムステルダムの方の飾り窓を連想しそうですが、この場合は人間ではない商品を展示する場所の意味です。
このシリーズを描いていて、同じ形式の窓を持っている家はかなりありました。
今でもこの形式を踏襲した店舗デザインは健在です。店舗入り口の脇に一枚ガラスで斜めに作ってあったりと、お洒落な感じに進化してはいますが、基本的には同じ設計思想です。
これより古い店舗形態では客を店の上がり框に座らせて奥から商品を運んできて見せているやり方ですから、飾り窓に商品を並べて通りがかりの人にも見せるというのは画期的な変化だったのです。
by yuuyuutakemura | 2008-04-21 00:07 | 絵画
<< 幸手宿 ③ エアコン室外機のある家 幸手宿 ① 三角形の家 >>