古民家旅館 梅庵


栃木県佐野市郊外にある古民家旅館・梅庵に泊まりに行きました。
佐野市と言い条、市町村合併で市になったところで山を超えれば足尾というかなりの草深い場所です。
梅庵は客を選びます。日に一組4名まで、40歳以上というのが泊まり客の条件です。ペット・子供(当然40歳以下ですからね)は不可です。
私もミッシェルとアゴヒゲトカゲは留守番させました。
宿はご覧のように茅葺きです。経営者は都心で日本料理店を営んでいた方が都心生活に嫌気がさして、古民家を買い取って改造して始めたものですから調度と言い、料理と言い、客扱いと言い申し分ないものでした。
写真に写っている3間を独占使用する気分は正に殿様気分です。
長押には加賀藩由来の槍が掛けてありました。
付近の里山はイノシシや月の輪熊、鹿の出没が頻繁で作物の被害は深刻だそうです。庵の庭には蝮が現れる事もあるという事で、庭を歩くときには長靴を履いて棒を持って居なくては危険だそうです。
俗塵を逃れて自然を満喫し、美食に堪能し、至福の時を過ごしてきました。

b0091767_22143783.jpg
b0091767_22144971.jpg
b0091767_22145877.jpg



*梅庵のHP http://www.kominka-ryokan.com/main.html
by yuuyuutakemura | 2008-08-12 00:00 |
<< 水彩 Domodossola ... 水彩 ラヴォーのブドウ畑とレマ... >>