王冠トンネル

クラウン・トンネルというのは私が勝手に付けた名前ですが、この辺りの地質が特殊なのか、このような形の崖があちこちにありました。このトンネルは長さが10mも無いほどの短さですから、削り取る方が工事は簡単だと思いますが、珍しい景観を残そうと道路設計者が配慮したのでしょう。工事費は余計に掛かったことでしょうが、こうゆう遊び心には多少の予算超過も許せますよね。
この道の右側は300mもある深い谷です。転落したら谷底まで落ちてしまう恐ろしい場所ですが、ご覧の通りガードレールなどの安全設備はありません。その上制限速度は70k/hです。私は自信がないから50k/hで走りましたが、追い抜いていく車もありました。
日本だったらガードレールにカーブミラー、時速は30k/hとオンブにダッコの対策を施している場所です。道路予算が余っているからか?国民の運転技量を見くびっているのか?
私はガードレール等が無くても、王冠トンネルを作る遊び心の方を支持したいです。
b0091767_2329406.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-22 00:08 |
<< 馬の水飲み場 ポストバスを待つ登山者 >>