Domodossonのホテル

Arollaや Ferpecleにはこれと言って泊まりたくなるホテルが見当たらないから、Sionに降りてから探すことにE62に乗ってしまったからスイスイ走ってしまい、イタリア領に入ってしまった。この先は来たイタリアの湖水地方で高級リゾートになるからホテル代もそれなりの値段となるので、その手前で泊まることにした。
今夜の宿はDomodossonにした。
ごらんのように客筋もほどほどで私には居心地がよさそうだ。
イタリアに入ったのだから何はともあれピザとスパゲティということになった。
旅慣れてきたからディナーだからといってコース料理を取ることは滅多にしない。
お値段のこともさることながら、量的に持て余してしまうのがいかにも勿体無いからだ。
部屋で電話やカメラの充電をしようとしたらコンセントが合わない。イタリアでは大体の場所でフランスと同じコンセントがつかえるのだが、ここは違っていた。
フロントに行ってフランス→イタリアの変換コンセントを借りてきた。
翌朝、チェックアウトの時に、変換コンセントを売ってくれと頼んだら、カウンターの女性が「売ることはできない」、とつれない返事をした。
が、しかし、一呼吸おいてから、「これは私からプレゼントするわ!」とおっしゃるではないか! 私は彼女のホッペにキスしたい衝動を必死に抑えてお手製の七宝のペンダントをお返しに差し上げた。

b0091767_0132795.jpg
b0091767_0133956.jpg
b0091767_0134817.jpg
b0091767_0135795.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-11-04 00:15 |
<< 標識の位置が・・・ スイスの燃料価格 >>