霧の山と屋根葺き

翌日起きたら夜中に雪が降ったらしく山はうっすらと雪化粧している。霧も出ていて昨日とは又違った美しさだ。今日はシルスマリアに行く予定だが、生憎の天候となってしまった。
晴れ男の面目丸つぶれという感じだ。
ソーリオの集落を外れたところで屋根葺きをしているのに出くわした。
瓦やスレートの代わりに平たく割った石の板を並べている。石の重量に耐えうる屋根材の頑丈さも頼もしい。
屋根に乗っている石板ははじめは四角くできて居るらしい。それをいかにも自然に出来た石であるかのように表に出る部分は角を落として不定型にしている。そんなカラクリを見られたのは収穫だ。
b0091767_2241790.jpg
b0091767_22412063.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-11-24 22:42 |
<< シルスマリアへ向かう パッケージ >>