シルスマリアへ向かう

ソーリオを下って来たら霧は消えて見通しは幾分良くなったものの青空は見えない。
晴れ男の命運は尽きたのかといささかげんなりしたが、モャッとしたスイス風景も悪くない、むしろピーカンの時と違った風情がある。
悪天候を嘆くよりは情感の漂う牧歌的風景を楽しむ方が精神衛生上も有益だと気を取り直してシルスマリアへと向かった。
b0091767_23575325.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-11-26 00:07 |
<< 無愛想なお城 霧の山と屋根葺き >>