2007年 06月 14日 ( 1 )

島原観光 1

雲仙から島原へ抜けて昼食を摂ることにした。
島原名物「具雑煮」の店に入った。休日には行列が出来るほどの評判の店だと言うから期待したが、名物に旨い物無し、を実感することになった。
量的には食べきれないほどのボリュームだったが、スープがいただけない。化学調味料の味が強く、舌が何時までもおかしい感覚で、安手のラーメン屋も顔負けのひどさだった。入っている餅もコンスターチが半分位は入っているという代物で、何でこんな店に行列が出来るのか理解できない。
食後に店の前に聳え立つ島原城に行こうとしたら入口で駐車代金を払えと言う。
係の人は駐車代の他に城への入場料は別だから、と申し訳なさそうに言い添えた。そして続けて、「この城はコンクリート造りで、たいして見る価値はないから、止めても良いよ。」と、宣うではないか!
私は素直な人だから、係員の言うことをすんなり聞き入れて、Uターンした。実直な駐車場の係員は、更に続けて、「この先の武家屋敷なら、駐車場代は要らないし、入場料も不要だよ。」と教えてくれた。
こうゆう律儀な人には、島原市長は勲章を授与すべきだと思った。
この係員のお陰で私は島原が大好きになったのだから。



b0091767_0224610.jpg


b0091767_023640.jpg


b0091767_023188.jpg


*具雑煮と島原城の写真はパンフレットからのコピーです
by yuuyuutakemura | 2007-06-14 00:22 |