2007年 07月 11日 ( 1 )

椿  二題    水彩・はがき

b0091767_2224414.jpg
椿はお茶の仲間ですから気を付けていないと茶毒蛾の幼虫が発生して知らずに近くを歩いたりすると酷い目に遭うことがあります。
我が家の椿にも今年は茶毒蛾の発生があり、郵便配達の人が気付いて教えてくれました。
茶毒蛾の幼虫は身体を寄せ合うようにかたまって発生するので早く気付けば駆除は簡単に出来ます。
毛虫の毛が皮膚に刺さると猛烈に腫れて痛がゆく、成虫になってもその威力は凄まじく、頭の上を飛ばれただけで毒針のような毛が飛び散り、皮膚に刺さります。
うっかり擦ったりしたら、皮膚に深く刺さるから、粘着テープで毛を取り除かなければなりません。
花の咲く時期には未だ毒蛾は居ないから、心配ありませんからご安心下さい。
綺麗な花の絵に気持ち悪いコメントですいません。 m(__)m
b0091767_2225797.jpg

by yuuyuutakemura | 2007-07-11 00:03 | 絵画