2007年 10月 22日 ( 1 )

友情の杯 I

街中の喫茶店に入ってエスプレッソのダブルを頼んだ。カウンターの中の棚に「コッパ・デラ・ミチツィア」(友情の杯)があったからオヤジさんに「出来るの?」と聞いたら、「飾りだよ、コッパ・デラ・ミチツィアなら、この上の土産物屋で売っているよ。」とのこと。
エスプレッソを飲んでから教えられた土産物屋で早速購入した。
コッパ・デラ・ミチツィアというのは急須のような木彫りの容器で注ぎ口が4から7個ぐらいついている。容器の中にコーヒーとグラッパなどの酒を入れ、更に薬草などを加えて火を点けてアルコール分を燃やした後、この注ぎ口に、口を付けて順番に廻し飲みをするものです。
寒いときに熱いコーヒー入りの酒を「コッパ・デラ・ミチツィア」で交互に飲み交わせば身体は温まり、友情は深まることでしょう。

b0091767_21115889.jpg


b0091767_211366.jpg


b0091767_21132492.jpg


b0091767_21134542.jpg


b0091767_211499.jpg


b0091767_21142993.jpg

by yuuyuutakemura | 2007-10-22 02:01 |