2007年 11月 30日 ( 1 )

Biellaのホテル    I


昼食後、高速には入らずに下をくぐってS142を更に西へ向かう。雨は止んではいるが相変わらずの曇り空で眺望はまるで効かない。
こんな時は早めに宿を取って休養するのも良いだろうと、S142を走りながらホテルを探すのだが、見あたらない。
Biella郊外で小さなホテルを探し当て、部屋があるか聞いたら満室だという。仕方なく市内に入る。市内に入ると間もなくショッピングセンターがあって、そこにホテルが併設されていた。買い物にも便利だし、駐車場も地下にあったから車上狙いも防げるだろうと考え、部屋を取った。ツインベッドで70ユーロ、パーキングはサービスという。
☆☆☆でこの値段はお値頃といえる。
部屋を見せて貰うと清潔だし広さも程々だから、泊まることにした。フロントに駐車場を監視するテレビ装置が有るのも気に入った。
持参のワインを飲んで宵寝をして英気を養い、そろそろ夕食に出掛けようとしたら、外はバケツをひっくり返したような土砂降りになっている。
ホテルにレストランはなく、隣接するレストランには一端外に出ないと行けない構造になっているから外出は諦め、持っていたお菓子とかスナックを夕食代わりにした。ワインだけは潤沢にあるから、豊かな気分である。
ホテルにはバスはなくシャワーのみだった。ベッドはツインが写っているがその手前にもう一つシングルベッドが備わっていた。

b0091767_03547.jpg
b0091767_031584.jpg
b0091767_03259.jpg
b0091767_033654.jpg

by yuuyuutakemura | 2007-11-30 00:04 |