2007年 12月 12日 ( 1 )

朝霧のバローロ    I

b0091767_9433183.jpg
バローロの町は朝霧に煙ぶって居ました。
なだらかな丘陵の起伏の中に古い教会、城、ワイン醸造所、等が点在している長閑な町です。写真には城も教会も写っていませんが、それは朝霧のせいで宿の庭からは見えなかったのです。
良い葡萄酒が出来る地域というのは地形、土壌、醸造技術等の条件が整った地域で生まれるのでしょうが、此処にはその条件が全て備わっているのでしょう。
バローロが世界に誇れる産品を持っているのは素晴らしいことです。
そしてバローロの醸造所が大規模にならずにそれぞれのブランドをプライドを持って維持しているのも好ましいです。
b0091767_9434119.jpg
b0091767_9435390.jpg
b0091767_944553.jpg

by yuuyuutakemura | 2007-12-12 09:44 |