2008年 04月 18日 ( 1 )

杉戸宿 ⑦ 自動販売機のある家

この家は平屋で間口奥行きとも狭く、昔は一膳飯屋でもやっていたのかと思います。
田園地帯だから八百屋は成り立たないでしょうし、魚屋は海から遠い杉戸では無理だと思います。現在は地方によく見られた何でも扱うお店ですが、店の左右にデンと置かれた黄色と白の自動販売機が目立ちます。赤とかオレンジの派手な色でないところが奥床しいと思いました。
日本では街並みの統一性という観点はあまり考えてはいません。法による規制も無いので、色と色が喧嘩するような配色で街並みが雑然とした感じになります。屋外広告も屋根や壁の色も区々で派手な色彩で目立たせようと考えるデザイナーが多いのは困ったことです。
浮世絵に見られるようなすぐれた色彩感覚は何処へ置き忘れてきたのでしょう?
b0091767_0103636.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-18 00:08 | 絵画