2008年 05月 26日 ( 1 )

徳治郎宿  大谷石の家

b0091767_18144393.jpg
徳治郎宿にも古い家はこの大谷石造りの家のみでした。
石造りの建物は部材の性格上間口を大きく取ることは不可能ですから、この家の4間もある間口はどうやって確保できたのか不思議です。
石材は縦方向には大きな力に耐える性能がありますが、木の梁のように粘りはありませんから、アーチのような形態を取らないと上からの重量には耐えられません。
前面部分はおそらく大谷石は構造材としての使用ではなく、木組みで家の形を作り、外壁材として貼り付ける手法を取ったのではないでしょうか?
それにしても一階差し掛け部分の上にある石の重量だけでも大変なものですから普通の木造住宅よりも頑丈な梁が使われていることでしょう。
建設当初は赤銅色に輝いていたであろう屋根も緑青に彩られて落ち着きのある緑色です。
by yuuyuutakemura | 2008-05-26 18:16 | 絵画