2008年 06月 04日 ( 1 )

鉢石宿 ⑥ 三ッ山羊羹本舗

この建物の特徴は屋根に付いている破風です。破風付きの屋根はこのシリーズで初めての登場です。
破風という形式自体は藁屋根の農家にも見られますから特に珍しいわけではないのですが、鉢石宿でと言うより日光街道の古い建物が数多ある中で何故この家だけが破風を備えて居るのかが分かりません。屋根裏の通風を良くする必要があるのか、屋根裏を納戸か隠し部屋にして採光を採ったのか?
もしかしたらアンネのような立場の人か徴兵拒否者、或いは共産主義者、とにかく官警に追われているけど本当は悪くない人を匿う為の装置なのかも知れません???
(TVの深夜映画の見過ぎですね。)
b0091767_21252252.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-06-04 00:04 | 絵画