2008年 06月 19日 ( 1 )

JR北海道の殿様商法

今回の北海道旅行は電車・飛行機・電車と乗り継いでの札幌入りでした。
自宅から羽田までは私鉄を二回乗り換えてたどり着きましたが、パスモ一枚でスイスイと改札を通れました。関東に住んでいる人には当たり前の事ですよね。
飛行機はJALでエコノミー、アップグレードしたかったけど満席でした。
千歳に着いてもしかしたらパスモが使えるかと思いましたが、パスモどころかスイカでも駄目、JR北海道には、この種のカードはないし採用する予定もないのだそうです。仕方なく券売機でサッポロまでの料金を確認してチケットを買いました。
ゲートにチケットをお入れて通ろうとしたら開きません。チケットの表裏を確認して表を上側にして挿入しないと識別しないのです。
北海道ではJRと競合するような私鉄はないから、乗客サービスなど考える必要はないのでしょう。昔の国鉄並の殿様商売がまかり通っているのです。
写真の共通ウィズユーカードは市営地下鉄とバス、市電の共通カードです。
1000円払うと1100円分の利用が出来ます。このカードも表裏と前後を確認して挿入しないと受け付けません。私は何回もゲートに拒否され、サッポロの友人に「おかしな機械だ」と言ったら、私の入れ方が悪いのだと諭されました。私としては機械が、と言うより機械を設計した奴の心配りが出来ていないのだと言いたいです。
b0091767_22401258.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-06-19 00:00 |