2008年 07月 02日 ( 1 )

バター不足とマスコミの姿勢

このところバターが品切れとかでTVや新聞はこれでもか、と言う感じでバターの品切れ状況を報道しています。確かにスーパーなどの乳製品の棚にはバターは置いてありません。
北海道のデパ地下とかスーパーには置いてありました。
店によっては、お一人様1個かぎりなんて書いてあるところも有ましたが、私が写真のように別メーカーのを各一個計3個持ってレジに行ったらすんなり売ってくれました。
北海道は酪農王国だから潤沢に出回っているのかも知れませんが、バターの品不足はマスコミの過剰な報道によって加速されていうる面があると思います。
第一次オイルショックの時にトイレットペーパーや合成洗剤が店頭から姿を消したことがありましたが、あのときもマスコミがおもしろおかしく品不足を報道しまくったのが大きな原因でした。私が山形に行ったら、合成洗剤もトイレットペーパーも店頭に山積みになっていて山形の人はマスコミの踊らせれて血眼で買いあさったりはしていませんでした。
今回のバター不足も北海道の人は買いあさりに走ったりしないかったので、バターが店頭から姿を消すことはなかったのだと思います。
こうゆう時、マスコミはバターを使わない料理法を紹介するとかして、事態の沈静化を誘導すべきです。いたずらに危機感を煽るというのはイエローペーパーのやり口ですからね。
それにしてもこのバターの写真を見るとどのメーカーのも文字か地図で北海道を表現しています。バターは北海道というイメージなのでしょうね。
b0091767_0164187.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-07-02 00:17 |