2008年 08月 14日 ( 1 )

水彩 Domodossola ② F3

欧州ではどんな小さな集落に行っても必ず教会があります。それも集落の戸数に比べて不釣り合いなほど立派な教会なのです。
この集落にも瀟洒な尖塔を持つ教会がありました。村の人たちがお金と労力を持ち寄って建てたのか、バチカンからの援助で造ったのかは分かりませんが、宗教の力の偉大さを思い知らされます。
現在のヨーロッパでは人々が教会から遠ざかって居るように思えます。日曜礼拝に行かない人が多いみたいなのです。私の知人は皆さん教会とは無縁のようで、日曜日はしっかり私達の案内に費やしてくれるのです。
キリスト教も日本の仏教徒みたいに葬式の時しか教会を思い出さないと言う事になるのかも知れません。
b0091767_2022837.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-08-14 00:00 | 絵画