2008年 09月 02日 ( 2 )

水彩 下り坂の道 ③ F3

国道(S20)と言っても村落に入ると道幅が急に狭くなる所もあります。そして集落内は制限速度が50km/hになります。国道は制限速度が概ね110km/hですから、気を付けないとねずみ取りに引っかかります。日本でも急に制限速度が低くなっている場所は、ねずみ取りに気を付けないと田舎警察の餌食になりますが、ヨーロッパでも警察の考える事は同じで、良く網を張って居ます。
ドライバー心理もやはり同じで、ねずみ取りをやっているところは対向車がパッシングして教えてくれます。
b0091767_2384558.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-09-02 23:07 | 絵画

水彩 下り坂の道 ② F3

高度がかなり下がってきたので背後にある山も女性的ななだらかなものに変化してきました。
「なだらかで女性的だ」と言うのは差別・偏見等という謗りを受けかねませんが軽蔑とか見下しと言う事ではなく、私は女性信奉者ですから、崇め・敬愛の念を込めての「なだらかで女性的だ」ですのでご理解を戴きたいと思います。
此処がフランスなのかイタリアなのかは定かではありませんが、この辺りのフランス領は人気(ひとけ)のない山や沢が多かった記憶がありますからおそらくイタリアの風景だと思います。
国と国とが境界をもうけて線を引いたところで、そこにいる人間にとっては(勿論鳥や獣、木や草などもですが)今自分が何処の国に属しているのか、なんて言う事はなんの問題にもなりません。税金とかパスポートの問題が出たときにだけ帰属国が思い出されるので、日常生活には無関係です。
と言う事でこの景色がフランスであろうとイタリアであろうと、絵の価値には関係はありません。そんな事は気になさらずに何処かの田舎の風景画としてお楽しみ下さい。
b0091767_0212952.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-09-02 00:28 | 絵画