カテゴリ:交友( 26 )

オールド・タウン

b0091767_23204546.jpg
喜多院を出てから、蔵造りの家並みのある区画まではかなりの距離があります。
私のお客さん達は、オールド・タウンは何処なんだ? オールド・ハウス無いね! とブツブツ言い出しました。
私はみたらし団子を買って歩きながら食べて貰ったりしてご機嫌を取り結び、やっと辿り着いたのですが、1km以上離れているから、間を持たせるのに気を使いました。
欧州なら、200年位経っている家はざらですから、江戸時代の家並みが、軒並み続いていると思っていたのかも知れません。
とにかくやっとお目当てのオールドハウスが目に入ったのでご満悦です。
一軒毎にのぞき込んではお店の人と話をしたり、商品を手に取って見たりして楽しんでいる様子です。にわかガイドも面目が保てました。
by yuuyuutakemura | 2007-04-21 00:16 | 交友

お昼はトンカツ

b0091767_18374195.jpg
お昼は何が良いか聞いたら、割と何でも食べられると言うことでした。
駄目なものは、コンニャク、納豆、梅干しだそうです。
ウナギは? と聞いたら、「ウナギ」が分からないみたいなので「イール」だというと、食べたことがあるそうで、美味しいよね! なんて宣うのです。
残念なことにウナギ屋は昼食時の営業が終わっていました。
直ぐ近くに割と感じの良いトンカツ屋があったので、「カツレットはどう?」というと、「ポーク?ビーフ?」と聞かれました。ポークだというと、OKがでたので店に入りました。
この店、トンカツという名前を最初に付けた店だと書いてあります。
トンカツの発祥の地が川越だとは知りませんでした。
元祖とか家元とかというのはあちこちにあるから、真偽のほどは不明ですが、特大のヒレカツは美味しかったです。
by yuuyuutakemura | 2007-04-20 02:10 | 交友

枯山水

b0091767_2141113.jpg

日本を訪れて見ようという外人さんは、ある程度の予備知識をお持ちのようで、喜多院の枯山水の庭を見て、この岩が山を表しているとか、砂利で表現された川を眺めたりして、楽しんでいました。
枯山水のようにメジャーな日本文化は私が説明しなくても、判って貰えるから、にわかガイドとしては手抜きが出来て助かります。
カロリーンは大分お気に入りで、濡れ縁に座り込んでかなり長い時間、枯山水との対話・交流を楽しんでいました
by yuuyuutakemura | 2007-04-19 00:11 | 交友

銅鑼を鳴らす

b0091767_072731.jpg
お寺で賽銭箱の上の梁にぶら下がっている銅鑼(なんて言う名前なのか知りませんが)を私が打ち鳴らして見せたら、クリスチーヌも直ぐに真似をした。しかし巧く鳴らないので、後の女性がやり方を教えてくれていました。しかし助言は日本語でだったから、あまり役には立たなかったみたいです。
お寺では銅鑼を鳴らすし、神社では柏手を打つのは何でだろうと考えました。
居眠りしている神様・仏様の目を覚まさせる為ではないかと思うのですが、多分違うでしょうね?
ヨーロッパの教会には賽銭箱に類するものは置いていません。蝋燭は有料になっていますが、信徒以外から賽銭を集めるなんて悪知恵は牧師さんには働かないようです。
京都辺りの観光寺院では拝観料なんて名目で入場料を取りながら、入場税は宗教活動だからと払っていません。坊さんの知恵はもっと違うところで発揮して欲しいものです。
by yuuyuutakemura | 2007-04-18 00:07 | 交友

お線香の煙の効用

b0091767_6164324.jpg
香台から立ち上る煙を頭に擦り込む所作をしている日本人の参詣人を見て、彼女たちは何をしているのか不思議そうだったから、あの煙は病気などの悪いところを退散させる効果が有ると、言われて居るのだと説明してあげた。
彼女たちは素直に真似をしてくれた。何を見ても興味を示し、自分も体験しようとするのは、その土地の諸々を理解するのに役立つ、賢いやり方だと思う。
私の友人で某学会の信者が居るが、その人は他の宗派の寺とか神社には立ち入ることをしない。某学会が他の神社仏閣に詣でることを禁じているのだと思うが、私が「私は無信心だから、信仰の為に詣でる訳ではなく、観光施設の一部と考えているのだ。あんたも観光してみるのは教義に反しないのではないの?」 と言うと、その友人は、「観光なら良いか、」と一緒に神社を見物することになった。
多分キリスト教信者で有ろうスイスの友人達は、そんな馬鹿げた拘りは持っていないから、私もおかしな屁理屈を並べる必要もなく、仏教寺院観光は楽しく進行した。
by yuuyuutakemura | 2007-04-17 06:16 | 交友

花も恥じらう?

b0091767_22443933.jpg
アザレアだ!と言い、香りを確かめたリするところは日本人もスイス人も同じでした。
早咲きのツツジが境内に何種類か咲いていました。花と彼女たちとどちらが美しいか?なんて考えるのは野暮というもので、どちらにもそれぞれの美しさがあって、それを素直に受け止めるのが粋というものなのだと思います。
今年は暖かさが一気に来たから、花の咲く順番が待ちきれない花たちが居て、北海道の春のように百花繚乱という感じになりました。彼女たちも日本の花を沢山楽しめて良い旅になりました。
b0091767_22445423.jpg

by yuuyuutakemura | 2007-04-16 00:25 | 交友

おみくじ

b0091767_021634.jpg
クリスチーヌがおみくじに目を付け、あれは何か? と聞くから、ラッキーとアンラッキーを占うタロットみたいなものというと、早速チャレンジした。結果は凶とでた。
悪い運は此処に置いて帰ろうと、おみくじを結わえて居るところです。
私の貧しいボキャブラリーで、こうゆう事を伝えるのは至難の業です。
この後も、特段のアンラッキーな出来事はなかったから、凶運を喜多院に置き去りにすることには成功したと思われます。
それにしても彼女は背が高いんだから上の方に結びつければ楽なのにね?
by yuuyuutakemura | 2007-04-15 00:03 | 交友

多宝塔

b0091767_23574611.jpg
喜多院・多宝塔前での一枚です。
桜のピンク、多宝塔の朱色、彼女たちは気に入ったようで何枚も写真に写していました。二人はレマン湖畔・ローザンヌ近くの風光明媚なところに住んで居ますが、川越の古い町の佇まいも、いたくお気に召したようです。
こうして3人並んだ写真を見ると、私が一番というものが幾つかあります。
背の低さ、髪の毛の薄さ、歳の多さ・・・(*´∀`)
by yuuyuutakemura | 2007-04-14 00:04 | 交友

スイス人の友人と川越観光

b0091767_21105852.jpg
スイス人の友人と川越に一日観光してきました。
フランスのシャンブルドットで同宿となり、それが縁でスイスのお宅へ伺ったりしている間柄です。今回、姪御さんと日本にいる息子さんの所へお出でになったので、私とも会おうと言うことになったのです。
川越観光した後で我が家にも来たいと言うことなので、先日来、我が家は大掃除とか余計な家財の片づけ等で、てんてこ舞いをしていたのです。
何とかやっとお客様をお迎えする準備も出来ました。偶にこうゆう事があると家が片づいて綺麗になるものだと、我ながら感心したりしています。
と言う事で、飯田橋の息子さん宅へ迎えに行き、川越に行きました。
喜多院前の観光案内板で、見どころを確かめているところです。
左の背の高い女性がクリスチーヌ、右の若い人がカロリーヌです。

I have done Kawagoe sightseeing with the friend of Swiss.
She got acquainted in the guest-house of France.
I have visited it to her house.
She came in Japan to meet her son and grandchildren.
We saw the sightseeing guidance board before Kitain Temple.
The woman on the left side is Ms.Christine.
The young person on the right side is Ms.Caroline.
by yuuyuutakemura | 2007-04-12 21:59 | 交友

ミッシェルの旧友

ミッシェル(わが家の飼い犬)が、公園に散歩に行くと、必ず遊んでくれた双子ちゃんが居ました。
何時の頃からか、見掛けなくなって、ミッシェルも私も気がかりになっていたのですが、他のお母さんから双子ちゃんの消息を聞くことが出来、メールの遣り取りが始まりました。
半年見ないうちに双子ちゃんは赤ちゃん顔から、子供の顔に成長していました。
動画も時々送ってくれますが、どろんこ遊びの好きな元気な子供達です。
ミッシェルの動画も送ったら、何回も見てくれたそうです。
b0091767_6303742.jpg
b0091767_6304953.jpg
b0091767_631341.jpg
b0091767_6311358.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-09-02 06:32 | 交友