<   2008年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

千住宿 ① 横山家住宅

b0091767_022333.jpg
JR北千住駅を降り交番で千住宿の在処を聞いたら直ぐに教えて貰えました。
交番にいた警官二人はとても親切で感じの良い人たちでした。
日光街道は始終車で通っているけど、旧街道は今の4号線からは見通せないところにあり今まで気付かなかったのです。
横山家住宅は足立区の指定文化財になっていて、案内板がありました。
カメラブレしているので読みにくいかも知れませんがご勘弁下さい。
足立区教育委員会の資料によれば、
横山家住宅は「宿場町の名残として、伝馬屋敷の面影を今に伝える商家で、初めは伝馬屋敷として建てられ屋敷は街道に面して間口が広く、奥行が深い構造になっていた。
入り口は一段下げて造るのが特徴でそれは、お客様をお迎えする心がけの現れと言われている。
敷地は、間口が十三間、奥行が五十六間で鰻の寝床のように長い。
横山家は、屋号を「松屋」といい、戦前までは手広く地漉紙問屋を営んでいた。
現在の母屋は、江戸時代後期の建造であるが、昭和十一年に補修が行われた。
建物は間口が九間、奥行きが十五間あり、大きくてどっしりとした桟瓦葺の二階建でとなっていて、広い土間、商家の書院造りといわれる帳場二階の大きな格子窓などに、一種独特の風格を醸し出している。
幕末の上野の戦いで、敗退する彰義隊が切りつけた玄関の柱の傷痕や、戦時中に焼夷弾が貫いた屋根など、風雪に耐えてきた百数十年の歴史を語る住居である。」と紹介されている。
横山家住宅は今シリーズに登場する古い建物の中でも保存状態は良好なものであり、当主のご苦労が大変なものであろうと察せられる。
b0091767_023258.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-03-11 00:03 | 絵画

「日光街道宿場町の古い建物」 起点 日本橋


b0091767_925829.jpg
「日光街道宿場町の古い建物」を今日から連載致します。
日本橋を起点に日光街道は千住宿から鉢石宿まで21宿あります。
宿場によっては古い建物が一軒も現存しない宿場もありました。
現存する建物も保存状態の悪いものが多く、直ぐに手を加えないと倒壊しかねないものもありました。
「美しい日本を作る」と宣った首相も居ましたが、作るのも大事でしょうが、今ある美しいものを保存できない政治家が新しい物を作れるとは思えません。
このシリーズを描いていてつくずく日本の行政の貧しさを痛感しました。
最初にご紹介するのが起点である日本橋ですが、日本の道路原標にもなっている今の日本橋は上に高速道路が覆い被さりとても絵になる状態ではないので、仕方なく広重の浮世絵を模写させて貰いました。
江戸時代の日本橋は下部構造もしっかりしていて少々のことでは流されたりはしそうにありません。橋を行き交う人々は生き生きと生活しています。模写していて気づいたのですが、通行人はほとんどが庶民で大工や物売り、商家の手代などです。
皆何らかの荷物を担いだり担ったりしています。
原画には及びもつきませんが江戸の活気を感じ取って頂ければ幸いです。
by yuuyuutakemura | 2008-03-10 09:25 | 絵画

帰国の途へ     F

b0091767_23495342.jpg
ドゴール空港F2ターミナルの搭乗待合い風景です。到着便が遅れたため機の整備に時間が掛かり出発予定が2時間も遅れてしまいました。
私の座席がどうなったのか気になるので係員に聞きに行きましたが分からないというのです。ここで又一悶着あって、やっと話の分かる係員が見つかり、最初に予約した席が確保されていることが確認できました。
何やかにやと楽しんだり驚いたりの旅でしたが、無事に帰国の途に付くことが出来ました。

今回の旅は10日あまりの短い旅でしたが、ブログの方は延々と書き綴り5ヶ月にもなる長丁場をお付き合い下さってありがとうございました。
今日から熱海に骨休めに出かけますので3日ほどブログの更新はお休みになります。
再開後は「日光街道宿場町の古い建物」を連載する予定です。
こちらの方もご覧下さいますようお願いします。
by yuuyuutakemura | 2008-03-07 00:02 |

出国検査      F

b0091767_21123141.jpg
フランス人は割とアバウトな所があるから、以前は手荷物検査も形式的におざなりな感じでしたが、最近は厳しくなりました。
それでも係官は真剣にてきぱき機敏に動いてくれるからそれほど時間が掛からないのは助かります。
これがイタリアだと検査が厳重なのは同様ですが、係官の動きは緩慢で搭乗客の方も列を作らずに我先に窓口の殺到するという有様ですから、チェック通過にかなりの時間を覚悟しなければなりません。
ドゴールでもポケットのもは全部トレーに入れ、上着は脱いでレントゲン装置を通さなければなりません。
ズボンのベルトも外してレントゲンの洗礼を受けます。
私は自分の検査がパスしてから、しばらくレントゲン検査のモニターを眺めていました。
いろいろなものが映し出されて面白かったです。
手荷物検査が終わるとその先で出国手続きをします。
パスポートと搭乗券を見せると、見もしないで「OK、通って良いよ。」というのです。これは入国審査の時も同様です。
私はパスポートにスタンプしてくれと言うのですが、いかにも面倒くさそうにポンと押してくれます。
このときも「スタンプ・シルブプレ」といって押して貰いました。
パスポートの色によっては仔細に調べていますから、赤の日本のパスポートは信用があるのかも知れません。
by yuuyuutakemura | 2008-03-06 00:04 |

フットボール観戦客    F

b0091767_22425610.jpg

ドゴール空港に戻ってチェックインの手続きをしようとしたら、なんと我々の座席がキャンセルされていました。
JALの帰国便の席は出国前に予約してあって、エコノミーでもなるべく前の方を確保してあったのです。
後部は団体客が多いから騒がしいし、乗り降りにも時間が掛かるから何時もなるべく前の方で通路側の席を選ぶようにしているのです。
何でキャンセルされたのか聞いてみると、マルセイユでJALへの乗り継ぎ手続きをするときに、係員がキャンセルしているというのです。
私の搭乗券はEーチケットというタイプでクレジットカードに書き込んであり、紙の航空券ではなかったのです。
マルセイユ空港の係員はその扱い方が分からず、いろいろ操作して居る内にキャンセルされてしまったらしいのです。
帰国便は満席だけど、搭乗時間までには何処かへ必ず席を確保するから心配するな、というのです。
キャンセルしたのはエールフランスのミスなのだから、予約した席を必ず確保するようにネゴリ(Negotiation)ました。
その席はもう他の客に売ってしまったが、何とかするからというので仕方なくそまま手続きを済ませました。
搭乗開始までビアレストランに入って時間潰しをしましたが、レストランはフットボール観戦を終えた客で溢れていました。ドゴール空港は国際線用だから、この客たちは国外から観戦に来たもようです。フットボールには詳しくないから、国外から観戦に来るようなビッグゲームが有ることは知りませんでした。
みんなが持っている大きな紙バッグに観戦土産が入っていました。
はるばるフランスまで観戦に来た記念に買い込んだものなのでしょう。こんな所は日本人と同じだな、と微笑ましく眺めたことでした。
b0091767_2243675.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-03-05 00:02 | 絵画

パリのファッション    F

b0091767_22294028.jpg
ティファニーの装飾品とパリ三越のショゥ・ウィンドです。
ティファニーはマドレーヌの近く、三越はオペラに有ります。どちらも私が買い物することのない店です。
そのほか世界中の有名ブティックや宝石店が有るらしいですが、私は覗いたこともありませんし、何処にあるかも知りません。
通りがかりにケンゾーの店とか見かけたことはありますが、私には縁のないところですから、場所を記憶することもないのです。
日本の観光客が目の色を変えて買いまくって居たりするそうですが、現場を確認したわけではありません。でも日本人の若い女性が全身シャネルで固めてパリの街を歩いていたりするのは見かけたことはます。
ご本人は得意満面というところでしょうがパリジャンからはどう見えるのでしょう?
パリのご婦人でもいかにもセレブといういでたちの人は偶に見かけますが、そうゆう人は本当のお金持ちで、住む家から乗っている車を含めて最高のものを持っているのです。
そうでない一般庶民はおばあさんから受け継いだコートやバッグを大事に手入れして使っていたり、ブランドものではない服装をしていても、色や形にセンスの良さが光っていて、とてもシックに見えます。
身に付かないシャネルやヴィトンをこれ見よがしに持ち歩くよりもずっとお洒落だと思います。
b0091767_22271144.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-03-04 00:06 |

パリの街並み   F

パリの街並みは古いものが美しく保存されていて素晴らしい観光資源になっていますが、単に古いものをそのまま保存すると言うことではなく、常に様々な手を加えて、時代に合ったものにリニューアルされています。このオペラ座も以前は古色蒼然としたくすんだ建物でしたが、ごらんのように昨日こけら落とししたかのようなピカピカに化粧直しされて居ます。ミラノ座の前にシートで囲まれた工事部分が見えますが、これも何らかの改造工事が施されているのでしょう。
かってパリ万博の折りに建設されたエッフェルタワーも当時はパリの街並みにそぐわないと大議論が戦わされたと言うことですが、今はパリになくてはならない観光施設ですし、パリの街並みに趣を添えています。
モンパルナスタワーやセーヌ沿いにある財務省のビルも異質であるという非難がありましたが、今は何となく収まっているのはフランス人の進取の精神であるといえます。
b0091767_23472973.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-03-03 00:25 |

パリの昼食    F

b0091767_1958854.jpg
これは前出の賑やかな屋外広告のあるレストランではなく、開けっぴろげの庶民的なレストランです。
時分時とて、舗道上に設けられた席まで満席状態です。
フランス人の食事は2時間くらいかける人もいて席の回転率は良くないですが、彼らはそんなことには頓着せずに楽しく語らい、飲み且つ食べる至福の時間を過ごしています。
以前サンマルタン運河沿いのレストランで私が入ったときにはすでにデザートコースに入っていたサラリーマン風の先客が居ました。私が料理を注文して食べ終え、コーヒーを飲んでいるときにも彼らは依然として席にいました。彼らは昼飯を食べに来て1時間以上もレストランに陣取っていることになります。
レストランの回転率も気になりますが、彼らの仕事はどうなっているのか心配しました。
この画面でビールを飲んでいる人がいます。以前はフランスではビールを飲むのははばかられるような雰囲気があって、ほとんどの人がワインでしたが、最近はビール党も増えています。水は瓶入りのミネラルウオーターが幅をきかせていますが、只で飲める水でもお腹をこわすと言うことはありません。
by yuuyuutakemura | 2008-03-02 00:07 |

トップレス・バス    F

b0091767_20344999.jpg
屋根のない観光バスにはロンドンとローマで乗ったことがありますが、天気が良ければ快適です。
視野は360度だし、開放感があって車酔いする人でもこれなら大丈夫ではないかと思います。イヤーホーンジャックの脇にあるセレクトノブを回すといろんな国の言葉で説明が聞けます。このバスは日本語も聞けることが車体に付いている国旗で分かります。
パリでは地下鉄、バス,RERが共通の回数券で乗れるから私は観光バスには乗ったことがないのですが、あまりパリに行きつけていない人には便利だろうと思います。
もっとも、団体のツアーで行く場合には、必ず半日の市内観光がセットされています。これはツアー主催会社のサービスではなく、営業政策です。必ず免税売店に立ち寄る事になっています。
会社は連れて行った客が免税品を買った金額の幾ばくかをリベートとして受け取るシステムになっているからです。
by yuuyuutakemura | 2008-03-01 00:03 |