<   2008年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

粕壁宿 ⑥ 長嶋商店

b0091767_20473750.jpg
長嶋商店もロビンソンの通りにあり、「粕壁宿①道標のある家」と少し離れていますが、同じ並びです。
この家も道路拡張でセットバックした折りに丁寧に補修されていて、古い建築手法そのままに再現されています。
道路拡張に伴う移築の費用の補助だけではこうした補修は不可能ですから、持ち主が多額の持ち出しをして工事したものでしょう。
長嶋商店の経営者がそれだけの支出に耐える財力があったのと、古い建物を慈しむ気持ちが有ったからこそこの家が現存しているわけです。
たいていの場合、道路拡張を機会に古い建物を取り壊して、鉄筋の高層建物にするのが普通です。ここは商業地域で前面道路も広いから10階建てのビルくらいは建てられる場所です。貸しビルにすれば建設費くらい直ぐに回収できるわけです。
そうゆう経済的利益を放棄して古い建物を維持している長嶋商店と道標のある家の持ち主に喝采を送ります。
by yuuyuutakemura | 2008-04-11 00:03 | 絵画

粕壁宿 ⑤ 蔵のギャラリー

蔵をギャラリーに転用して居ます。私が行ったときには休業日のようで扉が閉まっていました。
屋根には蔦が覆っているし、入り口付近には雑多な物が置かれていて、客を誘う雰囲気ではないのですが、それはきっと店主が斜に構えてギャラリーの売りにしているのかも知れません。
外見は見栄えがしませんが、内部は綺麗に内装されていてライティングも蔵の遮光性をうまく使って良い雰囲気の会場になっているのではないかな?なんて期待しているのです。
私の想像通りなら、この日光街道の古い建物のシリーズの個展をやらせて貰っても良いし・・・
そのうち再訪してみたいと思っているのですが、近くにはコインパーキンングも無いから、ちょっと離れたロビンソンの駐車場に置きに行かなくてはならないので億劫にしています。
b0091767_17251239.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-10 06:16 | 絵画

粕壁宿 ④ 大谷石の倉庫

この倉庫ははんこ屋の向かい、むくり屋根の家の並びにあります。
大谷石で頑丈に作られていて、扉の作りは蔵造りと同じく厚くて階段状に刻みがあり壁としっかり密着する造りです。
こんな堅固な倉庫に何が入れられていたのでしょう。
米、生糸、などの大事なものだったのでしょうか。
旧家にある蔵なら、祖先伝来の文書とか婚礼などに使う什器、書画骨董の類が考えられますが、これはそうゆうものではなく商売に使われていたと思われます。
何が入っていたんでしょうね。

b0091767_2120751.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-09 00:02 | 絵画

「言葉は神なりき。」

今朝(4/8)の朝日新聞のコラムに「我が意を得たり」という記事があったので転載します。
天野祐吉さんが毎週火曜日に連載している「CM天気図」というコラムです。
「後期高齢者」という言葉について語っています。私もこの言葉の無神経さについて前に此処で書いていますが、私の言いたかったことを軽妙な筆致で書いてくれています。
福田首相の鶴の一声で、「後期高齢者」を「長寿」と言い換えるとの事ですが、福田首相はこの法律制定時は気付かず、法案を提出した厚生労働大臣も、お役人が起案した文面をそのまま国会に提案しているわけだし、野党の議員も取材資料とうして法案を見ているはずのマスコミ関係者も見過ごしていた「後期高齢者」を、保険証をを受け取って初めて知った後期高齢者たちが騒ぎ出してから、やっと気が付いたというのは、関係する人たちすべてが、言葉不感症になっていたと言わざるを得ません。
法律で決まってしまったから、「長寿」と言い換えるのは通称として使うだけで、
保険証もおそらくそのままになるのでしょう。
「初めに言葉ありき、言葉は神なりき、、、」と聖書にあるのはキリストさんも言葉の重要さをしっかり認識していたからです。2000年経っても未だ分からない人が多いのはどうしたことでしょう。
b0091767_10275762.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-08 10:29 | 文章

粕壁宿 ③ むくり屋根の家

この家は玄関が母屋から一段せり出していてその部分がむくり屋根になっています。
私が戦前住んでいた家もこんな形でした。
こうゆうスタイルの家は昭和の初期に流行った形式だと思います。
屋根をこんもりしたむくり構造にすると優しい暖かな感じになります。直線に裁たれている材木でカーブを作るのは手間が掛かるから母屋の屋根は切り妻か寄せ棟の直線で作られています。
寺院の屋根などには逆に反り返らせたカーブを保たせていますがそり屋根だと威厳を備えた外観が得られるようです。
人間も腰の低い人はむくり屋根の感じだし、ふんぞり返って居る人はそり屋根の感じになるようです。
この家は通りに面した塀も木造なので、むくり屋根と相俟って柔らかい雰囲気です。
今様の家は能率一辺倒で造られるから直線と新建材、ブロック塀とこの家に比べると暖かさがあまり無くなっているのは残念なことです。

b0091767_16153432.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-08 00:01 | 絵画

粕壁宿 ② はんこ屋

ロビンソンの通りから小さな川を渡った所に古い家が3軒有ります。
川の手前には両側にかなり痛んだ家が向かい合わせて有ったのですが、描きに行ったときにはすでに取り壊されて整地作業の最中でした。もう一ヶ月も早かったら描けたのにと悔やまれました。
このはんこ屋さん、二階の屋根になにやら唐草模様のものが渡してあります。飾りなのか、雪の滑り止めなのか不明ですが、古屋に風格を添えているのは確かです。
b0091767_061784.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-07 00:06 | 絵画

粕壁(春日部)宿 ① 道標のある家

春日部は以前は粕壁と書いていました。
土地の表記には歴史が有るのだからお役人が勝手に変更するのは僭越なことだと思うのですが、今では地図にも駅名にも春日部が使われてしまっているから、粕壁といっても分からない人が多くなってしまいました。
この家の前には日光街道の道標が立っています。
ロビンソン百貨店前の通りにあるのですが、この通りは最近路幅が拡張されたから、この家は以前建っていた場所からセットバックさせたものだと思われます。
移築の際に綺麗に化粧直ししたのか、何処にも痛んだ箇所は見あたりません。
こうした手入れがなされていれば後200~300年は保ってくれることでしょう。
b0091767_23251686.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-06 00:04 | 絵画

越谷宿 ⑮ 米長乾物店

乾物屋も米屋も昔から有る商売です。
私の子供の頃、乾物屋の店先には一番目立つ場所に鰹節、昆布、数の子などが並んでいました。今のようにパックされたものではなく、剥きだしで売られていました。
数の子はカチカチに乾燥されたもので、買ってきてから3日くらい水に浸けて戻してから調理したのです。私は昔の味が懐かしく、乾燥数の子を買いたいと思うのですが、見つけることは出来ません。
この米長さんにもおそらく置いていないことでしょう。
米屋の商売も昔とは様変わりしています。
米食を日に三食食べる人の減少とスパーなど扱い店舗の多様化で何処の米屋も売り上げは減少し経営は行き詰まっているようです。
第二次大戦中の米の配給制度は、顧客の登録制度になっていて、米屋は競争原理がはたらかず、登録制度にあぐらをかいて居れば一定の販売量が確保できたから、顧客サービスなど考える必要は無かったのです。政府から配給された米しか売ることは出来なかったから、努力しても販売量を増やし商圏を拡大すると言うことも出来なかったという事情もあります。
米の生産農家も作れば政府が全量買い上げてくれるから、品質はどうでも良く収穫量の多い米の生産に励んだから、美味しい米を安く提供する、などと言うことには無関心でいても良かったのです。
生産者と販売者双方とも米の配給制度に頼り切っていた付けが、消費者の米離れという結果を招いてしまったということも出来ます。

b0091767_125447.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-05 01:35 | 絵画

越谷宿 ⑭ 万屋 ⅰ・ⅱ

越谷市は今では東京のベットタウンとして新しい流入人口が増えて都市化していますが、「草加・越谷千住の先よ・・・♪」と謡われて居るように江戸から見たら田舎だったわけですから越谷宿のお店も近在の農家相手の万屋(よろずや)が多かったのでしょう。
その名残で古い家の商売は万屋そのままの業態で今日に至っている店が多いのだと思います。万屋という言葉も今では落語か歌舞伎の世界に生き残っているくらいで雑貨屋と言う言い方に変わっていますが、「雑」という字面はどうも良い語感ではありません。
雑草、雑談、雑事、etc・・・どうでも良いという意味合いが強いのです。
「万(よろず)屋」なら百貨店より百倍も扱い品目が多いわけですから、この方が耳障りが良いです。
雑貨屋も税務署あたりの業種分類で造られた言葉のような気がします。お上が商人を見下しているような言葉ですからね。(勘ぐり過ぎかなぁ?)
b0091767_23142814.jpg
b0091767_23144015.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-04 00:01 | 絵画

越谷宿 ⑬ 横田診療所

横田診療所は大正か昭和の初期の建物だと思われますが、味のある建築なので掲載しました。
お医者さんにはお金持ちが多いから、現代風の医院に建て替える事は可能だと思われますが、この古風な建物で診療を続けて居るのには好感が持てます。
きっと好々爺という感じの先生が丁寧な診察をしてくれるのではないかな?なんて思わせる雰囲気です。
建物は古びていても、一歩診療所に入ると、最新の医療機器と日本風な美人看護婦さんが患者を迎えてくれるのではないかな?なんて空想の輪は際限なく広がってきます。
院長先生はこの建物を慈しんで居るのでしょう。何時までもこのまま診療所を続けて欲しいものです。
b0091767_2301618.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-04-03 06:05 | 絵画