<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

欧州の旅 第1泊 リヨン

リヨン空港に午後8時過ぎに着き預けた荷物も傷があちこちに付けられてはいたが無事に受け取れました。AFの場合、乗り継ぎ便の荷物を受け取れるかどうかは常にリスクが伴います。
AFでは積み残し対策がしっかりとれていて、荷物が来ていない旨を届け出ると、次便で着いた荷物をホテルまで届けてくれるサービス?があります。
空港を出たところにレンタカー会社に行くシャトルバスが待っています。私が使うエイビスを始めハーツ、その他のレンタカー会社が2kmほど離れた場所にかたまっています。
エイビスでは「前回借りたピカソのジーゼルが良いんだけど、、、」と、おずおずと申し出ると、係の女性は、「もちろん!」といってちゃんとピカソを用意していてくれていました。顧客情報の管理がしっかりしているようです。車のチェックアウトは15分で済み、近くのホテルを教えてくれと頼むと、空港内にはないからといって、netで検索しデータをプリントアウトしてくれました。
ところがそのホテルが見つからないのです。私は今回ガーミンのカーナビを持参していて、住所を入力してナビの道案内を頼りに向かったのですが、目的地には住宅があるだけ、ホテルのあるような場所ではないのです。
仕方ないからナビにリヨン市街を入力して市内に向かいました。リヨンには以前泊まったことがあるから同じホテルを目指しました。
ノボテル・リヨンには幸い空き部屋があって無事宿泊できました。
部屋からの眺めと食堂の様子です。
b0091767_2217969.jpg
b0091767_22172088.jpg
b0091767_22173044.jpg
b0091767_22174138.jpg
b0091767_22175119.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-11 00:01 |

ドゴールからリヨンへ

ドゴールを午後7時に発ってリヨンには8時10分着です。70分のフライトです。
機内で座席のシートベルトが赤と青の二色であることに気付きました。これなら隣席のベルトと混同することを防げます。良いアイディアだと思います。AFの座席はバス並みの稼働率のためかかなりくたびれています。
70分のフライトの間に機内サービスがあります。JALの国内線の機内サービスではビールは貰えませんがAFではワイン、ビールの選択も出来ます。今回は利用ですぐにレンタカーに乗るのでおとなしくコーヒーを頼みました。「アン キャフェ シルブプレ」くらいは使えるのです。
今回のA320には何故か3人のスチュアートが乗り組んでいました。フランス美人のサービスを期待していたのに・・・
リヨンの街はようやく夕闇に包まれ始めていました。
b0091767_22204332.jpg
b0091767_22205813.jpg
b0091767_2221689.jpg
b0091767_22211962.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-10 00:48 |

ドゴール空港F2 (第二ターミナルF棟)

シャトルの駅から連絡通路を通ってF棟に行きます。通路からF棟を見たところです。尾翼のマークは全てエールフランス機のものでした。
搭乗待合室に入るにはかなり厳しいチェックがあります。
液体は100cc以上の容積のあるものは全て没収です。私は日本酒の1合瓶2本と缶ビールとエビアン水1本を召し上げられてしまいました。
搭乗待合室の設備はなかなかです。ごらんのような寝椅子に寝そべって待っている人もいます。美女がビキニで寝そべっていたり・・・は残念ながらありませんでした。
b0091767_02154.jpg
b0091767_022958.jpg
b0091767_024619.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-09 00:03 |

ドゴール空港の兵隊パトロール

ドゴール空港には限りませんが、ターミナル駅などでは兵隊が戦闘服姿でパトロールしているのをよく見かけます。私のように善良な旅行者にとっては頼もしい姿ではあるのですが、気になるのは彼らがまさに臨戦態勢で歩き回っていることです。ごらんのように自動小銃を手に持ってすぐにでも射撃できる態勢でパトロールしている事です。これを乱射されたらたちまち数十人の死者やけが人が出ること間違いありません。
警官がピストルを手に持ったままパトロールしていたらたちまち非難囂々の声が上がることでしょう。なのにピストルの数十倍の威力のある自動小銃を抜き身で持ち歩くと言うことは恐ろしいことです。彼らを正面から写真を撮ろうとしたら制止されました。彼らも余り広められるのは嬉しい事ではないと思っているようです。
このことを目撃した数分前にF2(第二ターミナルF棟)の通路でアフリカ系の男性がなにやら警官に絡んでいました。警官はしばらくはなだめている様子でしたが、やがて男の手を振り解いて皮手袋を填め始めました。これ以上男の行動がエスカレートしたら殴りつけるという意思表示です。これを見た通行人達は足早に現場から離れ始めました。もちろん私も一目散に避難しました。
日本の警察官がピストルを威嚇射撃したりするとマスコミは警官が悪者であるかのように報道するし、不審車両や犯行後の逃走車両をパトカーが追跡して逃走車が事故を起こすとパトカーの追跡が不当行為であったかのような報道が行われます。
これはマスコミが犯罪者を擁護しているようなもので人権尊重も相手によりけりです。悪者には毅然とした態度で臨むべきです。
b0091767_1795720.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-08 03:52 |

ドゴール空港第3ターミナル

ドゴール空港第3ターミナルは第1,第2に比べると冷遇されています。
建物は小さいし、駅からターミナルまでは屋根も動く歩道もない道で横断歩道を渡り狭いトンネルを通って行きます。
利用航空会社はアフリカ系が大半を占めています。
フランスの若者にとってアフリカは近くてリーズナブルな旅行先ですからこのターミナルにはそんな旅行者が目立ちました。
それにしても免税売店もレストランもないのは海外向けのターミナルにしては寂しいです。
b0091767_015920.jpg
b0091767_0151958.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-07 00:18 |

ドゴール空港のレールバス

ドゴール空港にはターミナルが3カ所あり、互いにかなり離れています。
成田空港の第一と第二ターミナルはドゴール空港で言えば、第二ターミナル内のA~Fの関係です。
そのターミナルを以前はシャトルバスが無料運行されていたのですが、去年からこのレールバスになりました。新橋から新都心を結んでいるユリカモメのように無人で運行されています。もちろん無料です。
走行方式はユリカモメと同じタイヤで走る方式です。
第二ターミナルから途中に3駅あって第一ターミナルまで10分程度の時間です。
座席は車両の前後に6席ずつありますが、すべて体の具合の良くない方の優先席になっています。
車両の幅は路面電車より狭いです。
b0091767_18104274.jpg
b0091767_18105589.jpg
b0091767_18111424.jpg
b0091767_1811586.jpg

by yuuyuutakemura | 2008-10-06 00:18 |

08欧州の旅 成田出国

b0091767_0153843.jpg
b0091767_0155193.jpg
b0091767_016120.jpg
恒例の欧州の旅に今年も旅立つことが出来ました。
成田の混雑が今年は大幅に改善されていました。これは空港公団の功績ではなく日本経済の低迷、オイル価格の高騰による航空運賃高額化が主原因だと思います。
ロビーは閑散としているし、JAlの受付カウンターも閑古鳥が鳴いています。この分なら機内も空席が多くてゆったりとした旅が出来そうだと思っていたら、これは駄目でした。従来はジャンボ機が就航していたのに今年は小型の機種に変わっていました。それに貧乏絵描きの乗るエコノミークラスは最後部に縮小されていて、前からファーストクラス、ビジネスクラス、その後ろにプレミアムエコノミー席が増設され我がエコノミークラスは最後部に少しだけ残されていたのです。
このクラスでは最前列を予約していたのに、エンジン音がうるさい主翼の後ろが我が席でした。
救いは為替レートが少し良くなっていて、昨年は1ユーロ165円だったのが今年は150円台になっていたことです。
私は外貨を買うのはいつもレールバス?を降りた先にある京葉銀行にしています。
ここだと他の銀行よりいつも2~3円安くユーロが買えるのです。
では出発です。  ボンボヤージ!
by yuuyuutakemura | 2008-10-05 00:17 |

今夕帰国しました。

まだ時差呆けも起きない帰国ほやほやです。
荷物の整理も汚れ物の洗濯もあるからブログの更新はもう暫くお休みします。
by yuuyuutakemura | 2008-10-01 18:50 |