セイタカアワダチソウ   水彩・葉書

セイタカアワダチソウはブタクサなんて言われて、花粉症の元凶見たいに言われている嫌われ者ですが、杉花粉キャリアの私には悪さをしないから、ブタクサは酷い言われ方だな、なんて少しセイタカアワダチソウに同情して居るんです。
ご覧のように偏見無しで見れば綺麗な花です。
この植物が新参者で花粉症被害も知れ渡っていないころ、友人の花屋では群馬から仕入れて売っていたほどです。
群馬(館林)の四藤(よつとう・花農家の屋号です)さんの花は立派だと、市場で歓迎されていたんだそうです。
友人の花屋、花農家、で読んで下さっている方は混乱したと思います。
友人の花屋は同級生、花農家はその親御さんの経営です。
悪役の帰化植物も、デビュー当時は持て囃されていた時期があったというのは面白いです。
b0091767_536346.jpg

by yuuyuutakemura | 2006-12-06 05:37 | 絵画
<< トリカブト   水彩・葉書 石蕗(つわぶき)   水彩・葉書 >>